資金が足りるように

たった一つのティータイム > 技術 > 資金が足りるように

資金が足りるように

2014年12月12日(金曜日) テーマ:技術

よくある経験の浅い方向けのFXのテキストでは「差損が生じた時はナンピンしてポジションの平均をコストを抑える」などと説明されているが現実にはそこには大きな引っ掛けが待っています。

 

まずは、ナンピンの仕組みについて易しく説明します。

 

例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いなので円安ドル高に動くほど儲けが出るわけですが、運悪く1ドル=95円までドル安に振れてしまったとします。

 

この状況でポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには、5円分ドル高に進む必要があります。

 

皆さん、赤字は出来るだけ早く戻したいと願います。

 

これを解決するため最初に売買したのと同じ分の$を、買い増しする。

 

これで、全体のコストは1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

 

その結果、2.50円の幅でドル高に推移すれば、マイナスを取り戻す事が出来ます。

 

これが、ナンピン買いの理屈です。

 

ナンピンのやり方を知ると「確かに」という風に思うが市場は容易には思った通りにはなりません。

 

そもそも、1ドル95円が底だということなど誰も分かりません。

 

外国為替市場がドル安地合だったら95円では下げ止まることなく、一段の円高ドル安が進む可能性は高くなります。

 

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをして95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンしたポジションにも差損が生まれることになってしまいます。

 

そういう状況では最初に保有したポジションと合わさって二重の為替差損を被ることになります。

 

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

それなら、市場があなたのシナリオとは逆の方向にすぐに行ってしまった場合どのようなやり方で危険をコントロールすればいいのでしょうか。

 

選択する選択肢は2つしかありません。

 

ひとつはあきらめて損失を確定する事です。

 

もうひとつは、その段階で、自分が持っている買いポジションを縮小することで再度為替相場が元のようになるのを何もしないで待機する事だけです。

 

後ろ向きな術だと言う人もいるだろう。

 

だけど、自分が保持している買いポジションに差損が生じた時正しい対策はこの他にはありえません。

 

無論、考え方としてはナンピンをするという方法もあるように思える。

 

けれどもナンピン買いはあなたが損失を出している状態でポジションを整理するどころか、逆にポジションを積み増していく方法です。

 

それでは、危険性を削減することなどとても可能ではないと考えるべきです。

 

ナンピンをし続ければいつかは勝てるかもしれない。

 

でも、それより前に投資資金がショートしてしまいます。

 



関連記事

強要される

強要される

2014年12月16日(火曜日)

資金が足りるように

資金が足りるように

2014年12月12日(金曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)