強要される

たった一つのティータイム > 技術 > 強要される

強要される

2014年12月16日(火曜日) テーマ:技術

免責不許可事由とは破産を申し立てた人に対し、次のようなリストにあたっている人は借入金の帳消しを認可しないといった基準を示したものです。

 

極言するとすれば返済が全くできないような場合でもその事由に含まれる場合には借り入れのクリアが認められないような場合もあるとなります。

 

つまり破産を申し立て債務の免除を必要とする方における最終的な難関が前述の「免責不許可事由」ということになります。

 

以下は内容のリストです。

 

※浪費やギャンブルなどで、いたずらに財を減じたり、膨大な債務を負ったとき。

 

※破産財団に包含される相続財産を隠しこんだり、破棄したり、債権を有する者に不利益に売り払ったとき。

 

※破産財団の負債を虚偽に増やしたとき。

 

※破産申告の責任があるのに、その貸方になんらかの利権をもたらす意図で資本を譲り渡したり、弁済前に債務を払った場合。

 

※前時点において返済できない状況なのに虚偽をはたらき貸し手をだましてさらなるお金を借りたり、カードを利用してモノを決済した場合。

 

※ウソの利権者の名簿を機関に提出したとき。

 

※免除の申し立ての前7年のあいだに免除をもらっていたとき。

 

※破産法の定める破産者に義務付けられた点に違反したとき。

 

以上8条件にあてはまらないことが条件とも言えるものの、この概要だけで実際の例を考えるのは一定の知識がなければ困難でしょう。

 

また、厄介なのは浪費やギャンブル「など」とあることからも想像できますがギャンブルはそれ自体例としてのひとつにすぎず、ほかに具体例として言及していない場合が非常に多いということです。

http://fr4rdertt.exblog.jp/

具体例として書いていないことは、ひとつひとつの事例を述べていくと細かくなってしまい例を挙げられなくなるものや、以前に出されてきた判決による事例が含まれるため個々の申請がこれに当たるのかどうかは専門家でない人には見極めがつかないことがほとんどです。

 

しかしながら、自分がこれに当たるとは思いもしなかった人でも免責不許可の旨の判断を一度下されてしまえば、裁定が取り消されることはなく返済の義務が消えないだけでなく破産者という名の立場を7年間受けることを強要されるのです。

 

ということから、このような結果を防ぐために、自己破産を考えるステップにおいてわずかながらでも不安や理解できない点があれば、破産に詳しい専門家に相談してみるとよいでしょう。

 



関連記事

強要される

強要される

2014年12月16日(火曜日)

資金が足りるように

資金が足りるように

2014年12月12日(金曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)