妊活における食事制限

たった一つのティータイム > NEWS > 妊活における食事制限

妊活における食事制限

2015年1月25日(日曜日) テーマ:NEWS

カフェイン(コーヒー・お茶類)、生肉、生魚、甘いもの、お酒(アルコール)カフェインやアルコールは栄養摂取を妨げるため発育に悪影響がでます。

多少は影響ないようですが普段から飲まれる場合、我慢が聞かずに量が増えている場合があるので控えましょう。

次に生肉魚。

トキソプラズマやバクテリア食中毒水銀の問題です。

肉には妊婦に重要な栄養をたくさん含んでいますがリスクも大きいです。

トキソプラズマは一度感染するとずっと体内に寄生します。

それは胎児にも影響し脳や目に障害を残す場合もあります。

食中毒による影響は妊婦でなくともかなり心身に負担がかかるため控えましょう。

どこかの書き込みで、妊娠中にレバ刺しでおなかいっぱい食べてきました。

我慢できなくてお刺身食べてきましたなど嬉しそうに書いている女性もいましたが分かっててやっている所がとても悲しい事です。

己の欲求で生まれた子供が奇形児や障害をもった子供が生まれる危険行為はやめましょう。

人の100年を苦しめる意味でも、人としていかなる犯罪よりも重い罪だと捉えましょう。

甘いものは、糖尿病や高血圧肥満などを起こすからです。

胎児に糖分が多く送られる為甘いものが欲しくなるのです。

妊娠中は行動にも制限が出るし心身にも負担が出ます。

時間もできてしまうのでストレスから過剰に摂取の恐れもあるわけです。

ただ時期や体質により、食事は変わってくるのでその都度相談してバランスの良い食事をするように心がけるといいです。

マカ妊娠効果ガイド


関連記事

妊活における食事制限

妊活における食事制限

2015年1月25日(日曜日)

体臭が気になる私の対策方法

体臭が気になる私の対策方法

2014年12月 8日(月曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)